ハッピーメール

縛られ願望ハンパない人妻セフレと変態プレー

最近、出会い系サイトのハッピーメールで知り合ったのが人妻のたかねちゃんです。

会ったばっかりの頃から最初から少し変な子だなと思ってたんですけど、それって勘違いじゃなかったみたいですね(笑)。

なにしろ、会うたびにどんどん要求がエスカレートして行くんですもん、彼女ってば。

最初に会った時はすぐにラブホ行くのOKだったんで、この時点でスキモノなんだなとは分かっていたんですけどね。

出会い系で知り合った女の子で生、中出しOKって子も珍しいですけどたかねちゃんに限ってははそれ以上です。

何が凄いって、たまにスカトロ系に走る事だってあるんですよ。

仙台の出会い系で出会った変態人妻

いや、俺もそれなりに変態ですからね。多少のレベルにはついて行ける自信はあるんですよ。

でも正直、たかねちゃんのレベルは俺のスケベ具合を越えちゃってます。

そんな特異な性癖を持ってるもんだから、さぞかし旦那さんは大変だろうなって思ってました。

んなもんで、つい気になってこの間、たかねちゃんに会った時に思ってた事を全部聞いちゃったんです。

「ね?たかねちゃんって普段、旦那さんともそんな際どいセックスしてんの?」

一瞬、俺とたかねちゃんの間にはマジで気まずい空気が流れました(笑)

あ、多分、コイツってアタシとのセックスの時にそう思ってたんだと勘繰られたでしょうね(笑笑)

そしたら、少し間を置いてたかねちゃんからはこんな思いもよらない返事が。

なんでも旦那さんとは至ってノーマルなセックスをするんだとか。

って言うか、俺としているようなプレーは旦那さんからは想像すら出来ないって。

だからたかねちゃん、自分の旦那さんとは変態プレーは全然してないって言います。

なんだ、そりゃって感じですよね。
俺なら変態プレー、いいんかいって。

そもそもたかねちゃんって俺に要求するプレー自体が変態のレベルだとは思ってないふしが感じられて、それがすんごく驚いちゃったんですけどね。

本物の変態にとっては、そのプレーは別に変態じゃないんですね。

要はたかねちゃんは自分のド変態な欲求を旦那さんの知らない所で満たそうと、こうやってハッピーメールとかでセフレを作ってるとの事です。

マジですんごいド変態主婦がいたもんですw

変態人妻とこの日もラブホでセックスデート

そんな事でこの日も俺とたかねちゃん、仙台のラブホ、ホテル る テラスってとこでセックスをする事に。

そしたら、なんか知らんがこの時、たかねちゃんはデッカイかばんを持って来てたんですよ。

何それ?中、何入ってんの??って思ったら、なんとそれ、ロープでした。

変態人妻にロープです。もうお分かりですよね、みなさん。

そうです、縛られたいんだそうです、たかねちゃん。
別に悪い事して縛られたいって訳じゃないんですよ。

ただの変態です。たかねちゃんは。やっぱり。

なんで縛られたいの?って聞いたら、この間他のセフレに縛られたら妙に興奮しちゃったと言います。

何日かしたら、あの時よりもっとキツく縛られたくなったんで、今日はロープを買って持って来たと。

ロープを持ちながら笑って俺にそう言うんですけどね。
その姿がなんかガチで気味が悪い(笑)

だって、素っ裸の人妻がベッドの上で仁王立ちになってぶんぶんとロープを振り回してるんです。

普通じゃないですよね、これ。誰が見たって。

ああ、やっぱり変態人妻の周りに集まるセフレはやっぱり変態なんだなと俺、この時思っちゃいました。

あ、でも俺、自分の事は変態だとは思ってないんですけどね。

この時たかねちゃんにとって、俺って自分とおんなじような変態って思われてるのかなってちょっぴり自分の本当の姿が分からなくなっちゃいました(汗)

そんで、俺の事を縛ると言い出したらどうしよう?ってマジで思っちゃいましたよ。

俺、今までSMプレーの類ってやった事ってないんです。

だからたかねちゃんが満足するような縛り方って全然知りません。

縛るのも縛られるのも俺のテリトリーじゃないんです。正直。

でもベッドの上で全裸のたかねちゃんは縛れ縛れって連呼してます。

手にはロープを持って嬉しそうにしているたかねちゃんが何とも怖かったです、この時。

あんまりにも縛れってたかねちゃんが言うもんだから、俺は追い込まれてしまいました。

呪縛好きな人妻

変態人妻に呪縛を迫られた僕は…

そんで、俺はスマホでしばり方を即興で学んで、頑張ってたかねちゃんをグイグイ縛り上げたんです。

なんでか良く分かんないんですけど彼女の股間を縛る時、ロープがマンコに食い込むのがイイって言ってました。

やっぱ、変態の人妻が考える事って良く分かんないわ〜って感じですね。

でオッパイの方ははギュウって縛ったロープからはみ出て千切れんばかりになってます。

側から見てなんか異様な光景でしたけどね。

それにしてもたかねちゃんの旦那さんって自分の奥さんがこんなにも変態だって事とか、他の複数の男とこんな事やってるのって知らないんですよね。

知ったらなんて思うんだろう?

それにイマドキの主婦って出会い系でこうやって旦那以外の男とあってふしだらな事をしちゃうんですね。

なんか時代もえらく変わったもんです。
ふとそんな複雑な気持ちに俺、なっちゃいました。

俺、今は独身ですけど、正直結婚すんの考えちゃいましたね。

俺の結婚観はさておき、両手を縛られた格好でたかねちゃんは俺の股間にしゃぶりついて来ました。

仁王立ちしてる俺のチンコを一生懸命フェラチオしてくれてます。

なんでも両手が使えない中、フェラチオだけで俺をイカせるって頑張ってます。

俺、どっちかって言うとチンチンはキツめに刺激されんのが好きなんですよね。

だからフェラチオだけでイクのはちょっとしんどいかもって思ってたんです。

でもですね、たかねってば意地になって俺のチンチンをしゃぶってます。
なんか舌使いも今までより進化してますよw

なんかすんごく気持ちよくなってきたんで、俺が上を見上げてあ〜って言ってる時、急に口でシャクるスピードを上げ始めました。

マジ、気持ちイイ〜って感じになって見事、俺はたかねちゃんのフェラチオだけで一発目を終えたんです。

人妻のフェラで先にイカされた僕は…

そしたら次はたかねちゃん、もっとキツく縛れって言うんですね。

で、股間所は少し緩くしてそこからハメてくれと。

でも今以上にキツく縛ったら跡が付いて旦那さんにバレるんじゃね?って俺は思ったんです。

それをたかねちゃんにも何度も言いました。
マジ、後悔するからやめた方がいいよ〜って。

でもベッドの上で既に縛られた格好してるたかねちゃんは、快楽の奴隷状態。

ここに霊感がある人がいたら、きっと天から変態の神様が彼女に降臨したのをしかと見届けた事でしょう。

彼女にはもはや、目の前の快感しか頭にないんですよ。

仕方ないから俺は彼女をさらにキツく縛り上げました。
それこそオッパイとかお尻の肉が引きちぎれそうなくらいです。

途中、たかねちゃんってば悲鳴を上げるんです。

マジでこれヤバいかもと思ってロープを緩めるとそれはそれで怒り出します。

もうここまで来たら、好きなようにせえって感じですよね。

で、結局俺は彼女をハンパなく縛り上げて、マンコの横に作ったロープの隙間からたかねちゃんの御所望のとおり、チンチンを挿入してあげました。

たかねちゃんのド変態ぶりにどんびきしながらも、相も変わらずボッキし続けている俺のチンコ。

あ、やっぱり俺も変態だったのかもって改めて思いました。

腰を振ってる時はロープの端っこでたかねちゃんをバシバシ叩きました。

あ、もちろんそれもたかねちゃんの指示ですよ。

でもですね、マンコのすぐ横にロープがあって時折それがチンチンに当たってめちゃくちゃ痛いんです。マジで。

俺にとってみたらそれって全然気持ち良くないんですが、たかねちゃんのよがり方をみたら、なんだか最後までしなくちゃ俺、ガチで殺されるかもってこの時は真剣に考えちゃいましたね。

ロープの痕がついてしまった人妻だったが、その後もセフレ関係は継続

そんなバイオレンスなセックスが終わってロープを解いたらマジでびっくり。

たかねちゃんのカラダ、縛られた跡がアザになってるし、一部、血が出てる所があります。

「マジ、これヤバくね?」

ってたかねちゃんに言いました。

旦那さんにバレても俺の事言わないでよね〜って一応、念押ししておいたんですよね。

だって、旦那さんがたかねちゃんの体の異変に気がついて、その原因が俺にあるって知ったら興信所でも雇われるかもしれないじゃないですか。

なんか、そう思ったら俺の頭の中では未だ見ぬ旦那さんにナタで頭をカチ割られる所を想像しちゃいましたよ、俺は。

でもですね、実際はそんな事なくて俺もひと安心です。

アザが消えるまでたかねちゃん、旦那さんとはセックスはもちろん着替えも絶対にしなかったようですよ。

マジで彼女の旦那さん、可愛そうですね(涙)

自分の奥さんが他の男とこんな事をしてるってだけでもかわいそうなのに、自分の奥さんの本性を知らないってのはすごく不幸な気がします。

それは置いといて、今でもたかねちゃんとはセフレの関係を続けてます。

この間はストッキングプレイをしました。

たかねちゃんが顔に被ったストッキングを無理に引っ張った時、その表情のバイオレンスぶりにはこの世の世紀末を垣間見た気がします。

今度は彼女、どんなセックスをしようって言ってくるんでしょうね。