ハッピーメール

出会い系で初めてセックスできた話

出会い系で初めてセックスできた話

仙台で大学を出て、就職した後のことです。

当時、私は女の子との出会いが全くありませんでした

地方って、学校を出ると都会に移る人が多く、出会いが急に減ってしまいます。

学生の時は合コンで出会えても、社会人だとそうもいきません。

「やっぱり東京にでも出ないと、女の子と出会えないのかな…」

今でこそ仙台で出会えていますが、当時はそんな考えで頭がいっぱいでした。

初めての出会い系

みんな、どうやって女の子と出会えてるのか?

出会いのある人のマネをしてみようと思い、会社で営業をしている先輩に聞いてみました。

「そりゃ出会い系だろ」

それまで私は出会い系を怪しく思っており、使ったことがありませんでした。

でも女っ気のない生活では、そんな事も言ってられず。

先輩に手っ取り早く出会えるコツを聞いて、始めてみる事にしました

話によると、普通っぽい見た目の子を狙うべきだとか…

彼氏と別れた寂しさから、純粋にセックスがしたい子も結構いるそうです。

ただし、顔で選ぶと必ず失敗する…と忠告も受けました。

教えてもらったハッピーメールに登録し、言われた通りプロフを作成。

数人の女性にメッセージを送ると、次の日には返事が来ていました。

「ゆりちゃん」という、少し愛嬌のありそうな子です。

先輩に女性からのメッセージを見せたら、多分オフパコできるぞとのこと。

これまでの女日照りは、一体なんだったのでしょうか…

出会えた女の子とラブホへ

出会い系で待ち合わせ

ゆりちゃんとのやり取りは順調に進み、国分町のスタバで待ち合わせとなりました。

どうやら彼女、先輩の言った通りヤリモクのようです。

出会い系でのやり取り中に下ネタを言っても、いい反応をしていましたしね。

でも初対面の女性を、いきなりラブホに誘っていいものか

悶々としながら迷っていると、ゆりちゃんがスタバに到着。

軽い挨拶を済ませ、しばらく談笑を楽しみますが…

やっぱり気になるのは、セックスできるのかということ。

さりげなく彼女の手を触ってみますが、嫌そうな雰囲気ではありません。

多分いけるだろうと思い、スタバを出て繁華街の外れに向かいます。

「え~と…さて、どうしよっか?」

「え?アタシはいいですよ」

意外なほどサッパリした返事に拍子抜け

私はやっと平常心に戻り、国分町にある「カラーズ」というラブホに入りました。

ヤリモクの彼女とセックス

「アタシからシャワー浴びていい?」

部屋に入ってすぐ、ゆりちゃんが慣れた調子で聞いて来ます。

彼女と入れ替わりで私もシャワーを浴び、ベッドに行って久々のセックスを開始。

すると真っ先に、彼女がチンチンをしゃぶってくれます。

先っぽをペロペロとナメつつキンタマを握る動作が、とても気持ちいいです。

今度は私が彼女の足を広げ、奥の方を指で気持ちよくさせます。

喘ぎ声を上げる彼女のマンコは、もうビッショリ

もう準備は良さそうなので、ゴムを付けて挿入します。

最初は正常位、そしてバックでパンパンと腰を打つ音がエッチです。

気がつくと、ベッドのシーツを握り締めている彼女。

マジで気持ちいいんだろうなと思い、さらに腰の動きを速めました。

出会い系でエッチ目的の子と会えたのは、本当にラッキーです。

教えてくれた先輩に感謝しつつ、その日は彼女と2回戦楽しみました。

出会い系にハマったキッカケ

セックスの後に話をすると、彼女は1年前に彼氏と別れたんだとか。

結構ひどい別れ方だったため、当分は男と付き合いたくないと思ったそうです。

でもセックスは別腹で、性欲を満たすために出会い系で相手を探しているみたいですね。

また会えないかと聞くと、色々な男性と出会いたいようで…

残念ながら、フラれてしまいました。

今回は女性との会い方がわかったので、良しとしましょう

これからも、出会い系でセフレ作りを開拓して行きます!